スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
七夕ということで
長崎には七夕にちなんだ伝説があるということで
今週の「ココヨカ」は淵神社の桑姫伝説を特集します。

インタビューする前に、勉強しようと長崎ロープウェイの駅を隣接する淵神社に足を運んでみました。
P1001702_20110707175211.jpg

6月30日の夏越大祓の為
鳥居の下の、茅で作った大きな茅の輪をくぐり淵神社へ
淵神社に入ると、風鈴の音が涼しさを感じさせます。

淵神社の拝殿の左側の道を進み、神社の鎮守の杜でもある宝珠山のふもとに
P1001703.jpg
十二支社があります。

P1001704.jpg
十二の干支が祀られています。
向かい干支と一緒に祀られているので6つの社が並んでいました。
この場所に立つと、涼しい風と凛とした空気になんだか心が穏やかになります

そして、今回の桑姫伝説の桑姫社にもお参りに
P1001706.jpg

桑姫さまに、
「桑姫さまのお話を聞かせてください。良いインタビューができますように」
とお祈りすると、偶然、淵神社 禰宜 下條さんにお会いすることができ
いろんなお話を伺うことができました。

桑姫さまは、実在した女性で
キリシタン大名で有名な大友宗麟の孫にあたる方
志賀家を頼り、この地に住んでいた際、
桑の木を植え、近隣の女性に礼儀作法や学問、養蚕の技術や機織りの技術を
教えていたことから、桑姫さまと呼ばれ慕われていたと言われています。

非常に美しい女性で
機織りの姿が七夕伝説の織姫さまのようだったとか

更に、桑姫さまキリシタン。
キリシタンを祀った神社は日本でも3つだけ
一つは、外海の枯松神社。
その中でも神職のいる神社はここ淵神社だけ
これも、日本人の寛容さなのでしょうか

桑姫社は、縁結びの神様とも言われています。
ぜひ、長崎ロープウェイに乗る前に淵神社に足を運んみませんか


下條さんは、本当に穏やかにお話される方で、
とっても良い時間を過ごさせてもらいました。
この縁も桑姫さまが導いてくれたものかもしれませんね。





スポンサーサイト
[2011/07/07 18:12] | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<サミットにお呼ばれします! | ホーム | 雨と紫陽花>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fsmegumi.blog98.fc2.com/tb.php/436-b062610e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
MEGUミログ


F's Companyの松本恵がお送りする。フリーなブログ

プロフィール

fsmegumi

Author:fsmegumi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。