スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
サミットの本当の裏
九州演劇人サミットの交流会時の写真が
携帯にあったので、

サミットの本当の裏写真を暴露

P1001754.jpg
良い笑顔だね~
ミチユキ君とえりざべーと☆ちゃんと川口くん

こちらは、密談
P1001752.jpg
なんだろう・・・なぜかオーラを感じる・・・

P1001753.jpg

某T劇場のTマリさんの写真ばかり、なぜか携帯に残っており・・・
あまりに、そればっかりだったので
ここまでにします・・・・


サミットの次の日は
じんちゃんと
P1001756.jpg
博多駅の屋上庭園で

P1001755.jpg
デリランチ~~
美味でした~~~

P1001757.jpg

二人でのんびりと癒されておりました。
スポンサーサイト
[2011/07/25 16:41] | F's Company | トラックバック(0) | コメント(0) |
九州演劇人サミット行ってきました
九州演劇人サミット行ってきました。
今回のサミットは、福岡・熊本・大分・鹿児島・長崎からの5名でのパネルトーク

他県は、劇作家や代表など、各県を代表する人達。
そんな中、何の肩書もない私がはたして、話して良いのだろうかという不安の中参加
でも、本当にメンバーに助けられました。
志の高い、素敵なメンバーでした。

サミット内で、表現者の収入の話についてお話しましたが
言葉足らずだったので、補足を
表現者として、収入をもらうということは、己を高めることに繋げないといけない
ただ、やみくもにお金が欲しいというのではなく、それだけの覚悟が必要ということです
会社で給料をもらうのは、労働の対価
表現で収入を得ようとするには、それだけの責任と姿勢を忘れてはいけない
そして、それが更なる表現の向上に繋がるということでお話させていただきました。


サミット後の、交流会では、
各県のいろんな話が聞けて更に楽しかった。
ガラバの川口さんとは、実は始めてお話したのですが
若いけど、しっかりとした考えを持った素敵な人だな~と思いました
しかも、お話も面白いし
やっぱり、こうやって九州に出て、第一線で活躍している人の話を聞くことは、本当に大事だと思いました。


その後、同年代演劇人と何やかんやと夜中まで、酒抜きで話しました。
サミットは、こうした人との出会いも魅力の一つかもしれませんね。


貴重な体験をさせていただきありがとうございました!!
[2011/07/25 11:40] | F's Company | トラックバック(0) | コメント(0) |
サミットにお呼ばれします!
2005年から始まった「九州演劇人サミット」
九州7県を回り、福岡へと戻ってきました。

私は、長崎・佐賀・鹿児島・大分で行われた九州演劇人サミットを観に行ったんですが
歴代、錚々たるメンバーのみなさんのサミットは、非常に興味深く聞かせていただきました

そんな「九州演劇人サミット」にパネリストとして参加させていただきます。

ん?何かの間違いじゃ?
そうですよね。私もそう思います。
代表の福田も忙しく、他のメンバーも忙しく
私に話せることなんてあるのかしら

何て思いましたが

役者・制作・衣裳の立場から
歴代のサミットで出来上がったものが
更に、2年目新たに生まれるように
お話できればいいなと思っています。

福岡のみなさま、観にくるみなさま
はじめまして松本恵です。どうぞよろしくお願いします!!

九州演劇人サミットは今週末7月23日(土)です
詳しくはコチラ
[2011/07/19 00:35] | F's Company | トラックバック(0) | コメント(0) |
七夕ということで
長崎には七夕にちなんだ伝説があるということで
今週の「ココヨカ」は淵神社の桑姫伝説を特集します。

インタビューする前に、勉強しようと長崎ロープウェイの駅を隣接する淵神社に足を運んでみました。
P1001702_20110707175211.jpg

6月30日の夏越大祓の為
鳥居の下の、茅で作った大きな茅の輪をくぐり淵神社へ
淵神社に入ると、風鈴の音が涼しさを感じさせます。

淵神社の拝殿の左側の道を進み、神社の鎮守の杜でもある宝珠山のふもとに
P1001703.jpg
十二支社があります。

P1001704.jpg
十二の干支が祀られています。
向かい干支と一緒に祀られているので6つの社が並んでいました。
この場所に立つと、涼しい風と凛とした空気になんだか心が穏やかになります

そして、今回の桑姫伝説の桑姫社にもお参りに
P1001706.jpg

桑姫さまに、
「桑姫さまのお話を聞かせてください。良いインタビューができますように」
とお祈りすると、偶然、淵神社 禰宜 下條さんにお会いすることができ
いろんなお話を伺うことができました。

桑姫さまは、実在した女性で
キリシタン大名で有名な大友宗麟の孫にあたる方
志賀家を頼り、この地に住んでいた際、
桑の木を植え、近隣の女性に礼儀作法や学問、養蚕の技術や機織りの技術を
教えていたことから、桑姫さまと呼ばれ慕われていたと言われています。

非常に美しい女性で
機織りの姿が七夕伝説の織姫さまのようだったとか

更に、桑姫さまキリシタン。
キリシタンを祀った神社は日本でも3つだけ
一つは、外海の枯松神社。
その中でも神職のいる神社はここ淵神社だけ
これも、日本人の寛容さなのでしょうか

桑姫社は、縁結びの神様とも言われています。
ぜひ、長崎ロープウェイに乗る前に淵神社に足を運んみませんか


下條さんは、本当に穏やかにお話される方で、
とっても良い時間を過ごさせてもらいました。
この縁も桑姫さまが導いてくれたものかもしれませんね。





[2011/07/07 18:12] | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
MEGUミログ


F's Companyの松本恵がお送りする。フリーなブログ

プロフィール

fsmegumi

Author:fsmegumi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。